1.泡立つシャンプーは髪にいいの?

シャンプーの泡立ちが悪いと、髪全体に泡が行き届かず、結果として髪をしっかり洗浄できていないと感じる要因となります。泡立ちが良いと、髪全体に泡の成分がいきわたり、シャンプーに含まれる成分がしっかりと髪を洗浄してくれているのではと思い、満足できます。しかし、髪にとってそもそもシャンプー剤がしっかりと泡立つことはメリットがあるのでしょうか。今回はシャンプーがしっかりと泡立ったほうが良いのかについて解説します。

実はシャンプーが泡立つのは含まれる界面活性剤という成分によるものです。界面活性剤は食器洗いの洗剤などにも含まれる成分として有名ですよね。もちろん界面活性剤は頭皮にも髪にも良いものではありません。しかし泡立つことによってしっかりと洗浄できたと思う人が多いため商品が売れます。その為、安くて泡立ちの良いシャンプーにはたくさん界面活性剤が含まれているのです。

但し、ある程度シャンプーが泡立っていないと洗浄する際に爪や指で頭皮を傷つける原因にもなります。また、水分が十分に髪にいきわたっていない状態でシャンプーをすると泡立たない原因となります。初めに水分を頭皮に行きわたらせることは頭皮の汚れを落とすことにもつながります。また、手のひらで初めにシャンプーを泡立てることで、髪に適度に泡が行きわたり、泡立ちよく感じることができます。正しいシャンプー方法でシャンプーするとともに、適度に泡立つシャンプーを選ぶことが大切ですね。



詳しい情報はこちら

写真
写真
写真
写真