2.髪に優しいシャンプーの条件は?

髪に優しいシャンプーの条件の1つに、シリコンが含まれていないということが挙げられます。シリコンと聞くと、豊胸手術などの際に胸に入れるものや、電子レンジで調理できるシリコン容器などを思い浮かべる方は多いでしょうが、シャンプーに使用されているシリコンはまた別のものです。シャンプーに使用されているシリコンの役目はシャンプー後も髪にくっついて洗い上がりをサラサラにしてくれる成分のことです。しかしこのシリコン、シャンプー後の髪にくっつくだけでなく頭皮にもくっついてしまうので、毛穴を塞いでしまう原因となってしまっていたのです。毛穴がふさがれると当然、頭皮は不潔になり、細菌の繁殖などによってかゆみや脱毛などの症状が出てきます。その為、まず良いシャンプーの条件としてはシリコンが入っていないということが第一条件となるのですね。

髪に優しいシャンプーのポイント2点目が天然成分による潤い効果があるという点です。科学的な成分を使って髪に潤いを与えると、その成分が頭皮で悪さを働き結果抜け毛や頭皮環境の悪化につながります。しかしかといって潤う成分を配合していないシャンプーでは洗い上がりがキシキシと痛んでしまい髪が切れたり、枝毛などのダメージにつながります。そこで重要なのが、洗い上がりがきしまないよう、髪がしっかり潤いを保つことのできるシャンプーであるということです。天然のコラーゲンなどの成分であれば髪に自然と潤いを与えられます。

しかし一番重要な髪に優しいシャンプー選びのポイントは自分の地肌との相性が良いことです。試供品を活用するなどして事前に確認すると良いでしょう。



詳しい情報はこちら

写真
写真
写真
写真